外観

医院ブログ

前歯の審美障害でインプラント希望の患者さんです

インプラント
副院長の渡辺です。

私は前歯の審美歯科治療が好きで、当院での得意分野の1つとしております。

今まで、院長をはじめ、SJCD東京の原宿デンタルオフィスの山崎長朗先生、大河先生、千葉先生より多くの指導を受けてきました。
今回の患者さんは、以前東京の青山の症例会にて見ていただいた患者さんです。(患者さんの了承を得ております)

他院の先生からの紹介で、前歯の審美障害でインプラント希望の患者さんでした。
前歯の被せが取れる度にレーザーで歯茎をカットして再セットしていたとの事。歯茎が真っ黒でセラミックの色も合っておりません。
患者さんはかなりの美人さんです。実は前歯のインプラント治療は審美的に仕上げるのに、正確な診査、診断、骨の状態の把握、埋入ポジション等が万全でないと非常に難しい治療です。
当院にも時々、他院で上手くいかなかった患者さんもお見えになります。

今回は歯を残し、根を矯正的に引き上げ、歯肉のラインを整えて、セラミックを再製する治療となりました。
セラミック技工は今回ハリウッドスターの歯も作る、大阪のデンテックの一柳氏に依頼し、何度かのトライをし完成となりました。

時間はかかりましたが、患者さんも大変満足して頂き、今後は少々歯並びをインビザGOで仕上げる事になりました。
審美歯科、マウスピース矯正、インプラントはどうぞ当院にご相談下さいませ。

主訴:歯茎の色
期間:1年
費用:約30万
副作用:歯茎の退縮。ナイトガード不使用の際の破折。

3.jpg

1.jpg

2.jpg