外観

医院ブログ

本日はプロビジョナルレストレーションのデジタル印象です

インプラント
副院長の渡辺です。
寒い日が続いておりますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

昨年より、週末の学会や講演会が無くなり、時々、ZOOMによる講演会という形式の時代になり、勉強の方法も様変わり致しました。
おかげさまで私も、ホームページをリニューアルさせていただき、治療内容を紹介させていただく事になりました。
厚労省の細かな、ルールがあり、保険治療は掲載できない、期間、費用、副作用を明確にするという条件がございます。
その中で当院で、毎日行っている診療を少しばかりではありますが、紹介させていただいております。
絵日記のようなものと考えております。どうぞよろしくお願い致します。

さて、本日は先日ブログでも紹介させていただきました、右下7のインプラント2次手術が終了した、
50代の女性患者さんのプロビジョナルレストレーションのデジタル印象です。

今回はインプラント体にスキャンボディというパーツをセットし、トリオス3という最新の光学印象機器にて撮影しました。
順調に行けば、次回仮歯が完成します。
通常の型取りより苦しくなく、快適に型取りが進みました。
春には治療も完了し、しっかり咬めるようになる予定です。もうしばらくお待ちくださいませ。
最近は1歯欠損のインプラントも増えております。ご不明な点は、何なりとご質問くださいませ。

費用:約50万
期間:約6ヶ月
副作用:術後の腫れ、軽い疼痛。

1.jpg

縦サイズカスタマイズ用1.jpg

2.jpg

3.jpg