外観

医院ブログ

本日はLAVAエステティックジルコニアで被せをデザインした患者さんのご紹介です

メタルフリー
副院長の渡辺です。

昨夜はZOOMにてフェーススキャナーSNAPの勉強会がありました。
タブレットに専用カメラを設置し、顔貌を撮影し、歯のデザインをマッチングさせて、ビフォー、アフターが比較でき、それによって歯も完成できるという優れものです。
これにより、咬合の平面、正中、歯軸の方向、形態、スマイルラインが瞬時に分析できるため、技工士にも大きなメリットがございます。
今後、順次導入予定となっております。
歯科のデジタル化も日進月歩です。楽しみにお待ちくださいませ。

さて本日は、以前、LAVAエステティックジルコニアで被せをデザインした、美容が気になる、お洒落な、美しい女性の患者さんのご紹介です。
年齢は私より、ちょっと上の方です。
いつも、ネイルのお手入れを大変綺麗にお手入れされていらっしゃいます。歯にもこだわりをお持ちとのこと。

主訴が前歯の色と形が気になるという事でしたので、早速、ジルコニアの中でも、透過性や蛍光性が高く、より美しい材料で仕上げさせていただきました。
前回お話ししました、プロビジョナルレストレーションを入れさせて頂いたのですが、患者さん自身が、細かくスケッチを描いてくださり、ほぼ患者さんの希望通りの歯の形が手に入りました。

また、奥歯も今回、一緒にジルコニアで白い歯に変更させて頂きました。
イメージ通りの仕上がりに患者さんも大満足です。
現在3年以上経過しておりますが、ナイトガードを使用して頂いているので問題なく経過しております。

当時は私はインビザラインマウスピース矯正を取り入れてなかったのですが、
今回は下顎にインビザラインGOを提案させていただき、より美しい歯並びになれるようにお手伝いさせていただきたいと思っております。

歯はセットの当日が一番美しいのですが、ジルコニアは人工ダイヤモンドと言われ、永遠の輝きを放っております。
私も大変好きなマテリアルの1つです。

主訴:歯の審美障害
期間:3ヶ月
費用:約170万
考えられるリスク:セラミックの破折 ※ナイトガードで予防

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg