外観

医院ブログ

本日は奥歯を失われ前歯が出てきたことを主訴に来院された患者さんです

矯正
副院長の渡辺です。

桜が満開です。雨降りになる模様ですので、週末まで花びらが散らないか心配です。
今年も静かなお花見になりそうです。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

いよいよ来週から、私たち歯科関連者にもワクチンの供給が始まりそうです。
イギリスではワクチンの供給が進み日常を取り戻しつつあるようです。早くその日が待ち遠しいです。

さて、本日の患者さんですが、奥歯を失われ、前歯が出てきたことを主訴に来院された60代の女性の患者さんです。
もともと医療関係に勤務されていたので、医学の知識には詳しく、とても明るく朗らかな患者さんです。

今回は奥歯にインプラント治療を行い、上の前歯はジルコニアのセラミックで、下顎の前突は私の得意とするインビザライン GOにて歯列を内側に入れて、矯正させていただきました。
奥歯の咬み合わせをしっかりと構築し、マウスピース矯正を併用し、とても綺麗な歯が入りました。

今回はリテーナーの印象をさせていただき、審美歯科治療もそろそろ終了です。
しっかり食事もできて、歯並びも美しくなり、大変満足していただきました。
今回の治療後、仕上がりの口腔内の写真を見ていただきましたが、もともと入っていて、今回治療をしていなかった銀歯が気になるご様子です。
次回に、そこは治療するか相談という流れになり本日は終了です。

治療期間は長くかかりましたが、夏堀デンタルクリニックでは、長期に安定して機能できる口腔内を常に目指しております。
最近、複雑なインプラント 治療も多く手掛けております。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg