外観

医院ブログ

本日はインビザライン GO治療をされている20代の女性患者さんのご紹介です

矯正
副院長の渡辺です。

本日は市内の開業歯科医の勉強会であるHERZ会がございました。
この会は、くまさか歯科の院長である熊坂覚先生が主宰されておりまして、月1回のペースで、様々なジャンルのテーマで行われております。
本日は「摂食嚥下」がテーマでした。現在、高齢化社会におきましては、旬なテーマであります。
20時から始まり、22時に終わりました。帰りにスーパームーンがちょっと見えました。皆さんも見えましたでしょうか。

さて、本日は私の得意なインビザライン GO治療をされている20代の女性の患者さんのご紹介です。
とても優しい笑顔の素敵な患者さんです。

歯茎の腫脹と前歯の叢生を主訴に来院されました。
歯並びも重なっているためか、歯磨きもしにくそうです。
早速、ハミガキの練習を開始し、炎症が落ち着いた時点でマウスピース矯正の治療開始となりました。

現在は治療開始から、4ヶ月経ちましたが、歯茎と歯並びに、かなりの改善が見られます。歯磨きも、容易になったとの事。
本日はトレーの交換でしたが、経過は良好でした。
18枚中16枚のトレーの交換が終了しており、残り2枚、約2週間の治療で、ゴールはもうすぐです。

本日も口腔内の写真を撮らせて頂き、シミュレーションと照らし合わせての診療となりました。
余談ですが、隈なく診察させて頂きますと、左下に虫歯もございましたので、次回は歯並びの点検と樹脂を詰める治療になりました。
歯並びが良くなったことは、本人も大変満足されておりましたが、ご主人も大変喜ばれているとのことでした。
周囲の方も喜んでくださると、私もとても仕事のやり甲斐を感じます。
2月に開始しましたが、夏まではリテーナーが入り、メインテナンスに入れると思います。

このスピード感がインビザライン GOマウスピース矯正の魅力であります。
もちろん、利点ばかりでなく、注意点もございますのでしっかりと説明を聞いて、理解してから施術を受けてください。
ご質問はご遠慮なくお申し付けくださいませ。

治療費:約50万
期間:約6ヶ月
副作用:後戻り ※リテーナーで対応

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg